2014年12月11日

使い捨てカイロ

真冬のロングツーリングでは使い捨てカイロを30個以上使うこともある使い捨てカイロマスターとして、使い捨てカイロをより有効に使いきる方法を書いてみようと思う。

使い捨てカイロの中身って鉄粉と炭の粉なんだよね。

で、鉄粉が酸化(錆びる)するときに発生する熱で温かくなる。

だから使い初めに早く温かくしたいなら、口を押し当てて息をカイロ内に吹き込んで息に含まれる水分と酸素を鉄粉に与えてやり、さらにドライヤーとかで熱を与えてやると化学反応が一気に始まるので早く温かくなる。

そして使ってるときはできるだけ外気にさらさないほうが長持ちするよ。

化学反応で発熱するから温度が下がると化学反応が鈍くなり、どんどん温度が下がってしまう。(たぶん外気が乾燥してて水分が奪われるのも原因だと思う)

あまり温度を冷やしすぎると説明に書いてある持続時間の半分くらいでも反応が終わってしまう。

一度冷え切るとまだ反応しきってないと思うんだけど、もう温かくならないと思う。

だからきちんと使い切るためには最初にできるだけ温かくして、その後は熱を失わないようにできるだけ服の内側にカイロを入れておくといいよ。

服の内側だと身体からの熱の補給と水蒸気で水分も補給できるしね。


以上のことから使い捨てカイロは真冬の夜の屋外イベントとかに出かけて、現地であまりに寒いからといってコンビニに駆け込んで買ったとしても、まわりの温度が低すぎて身体も冷え切っている状態(水蒸気が出にくい状態)だとそんなに温かくならないことがあったりするから注意しよう。

そういう場合は息を吹きかけてカイロを摩擦して温めて、できるだけ内側に入れようね。

貼るカイロなら二つをくっつけてお互いの熱で

一番いいのは身体が冷えてない状態のときから使うのがいいんだけど、家に買い置きしておいて家から使い始めるのがいいかもね。

ホームセンターやドラッグストアでまとめ買いしておくと30個で600円くらいだたっと思うから、コンビニで買ったらめちゃ高いくてもったいないしね。

出先から帰宅してもカイロに熱が残ってたら、布団の中にでも放り込んでおけばカイロがめっちゃ温かくなるよ。

布団の中だと化学反応が進みすぎるのか、熱でカイロが膨らんだりするくらいだよ。

入れっぱなしで寝ると火傷したりカイロが破れたりするかもしれないから、寝るときには放り出そう。


使い捨てカイロの使用期限はけっこう長いけど、何年か経ったやつより新しいやつのほうが温かさが持続するように思う。

ちなみ保管するときは光があたらないところに保管するほうがいいらいいよ。



Posted by 妊娠中絶薬 at 17:00